試験対策講習会

ワークスタイルコーディネーター認定試験 試験対策講習会

ワークスタイルコーディネータ認定試験では、第1課題では「働き方改革総論」、第2課題では「働き方に関する現行労働法の理解」が出題されます。

すなわち、第1課題は「働き方改革のための法改正の方向性」、第2課題は「第1課題の法改正を行う前の現在の労働法の内容」になります。したがって、両課題は連動しておりますが、まず第2課題の現行労働法を理解することで第1課題の総論も理解が深まります。

本講習会では、多くの分野が存在する労働法の中で、出題頻度の高いと思われるポイントを重点的に解説します。

さらに、これらのポイント解説と、関連する設問の解答・解説を組み合わせて学習することで認定試験の合格率アップを目指します。

ホライズンパートナーズ法律事務所
坂東利国弁護士(東京弁護士会)

<講師プロフィール>
  • 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
  • 東京弁護士会弁護士
  • 日本労働法学会、日本CSR普及協会所属

≪開催日≫

平成29年 9月26日(火)

平成29年10月 1日(日)

平成29年10月12日(木)

平成29年10月14日(土)

≪開催時間≫

10:00~18:00

≪会場≫

【東京】 清話会ビル 全日本情報学習振興協会 7階 大会議室
住所:千代田区三崎町3-7-12 >>アクセス

≪講師≫

ホライズンパートナーズ法律事務所 坂東利国弁護士(東京弁護士会)

≪受講料≫

11,000円(税抜)
試験と同時申込で10,000円(税抜)

最低実施人数4名。3名以下の場合は中止とさせていただく場合があります。

申込み完了後【受講票】をお送りします。当日受付にて提出してください。
3日前までに届かない場合は、必ずお電話ください。→TEL:03-5276-0030

お申込み手続きが開催日一週間以内の場合は、受講票を発送いたしません。
申込時に自動返信された受付完了のメールをプリントアウトしてお持ちください。

試験の学生割引申込と同時申込をされる方は、「学生割引で申込」をご選択下さい。本講習会の学生割引はございません。

試験・対策講習会を申込む  学生割引で申込む

試験申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

参考書籍・学習教材

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ